​二期生

香港 米埔エリアがお気に入りの​A42

A42_edited.jpg

A42は2019年1月16日に香港で怪我をしているところを保護された。約1カ月の治療を経て、2019年2月13日に無事に米埔で放鳥されたが、放鳥後何度も米埔とその周辺地域で発見されたという。​

​二期生

新しいデザインの足環を持つ2019_K30

2019_K30_edited.jpg

2019年6月27日に韓国で足環が着けられた。2019_K30の足環のデザインは以前とは異なる新しいものであり、番号が刻まれていない足環の真ん中に線が入っている。オシャレな足環を持つクロツラである。​

​二期生

何度も命を助けられたラッキーなT84

T84_edited.jpg

T84は足が悪く、台湾の布袋で衰弱しているところを保護された。病院での10日間の治療を終え、放鳥されたが、突然現れた野良犬の襲撃に遭い、またしても命の危機に。幸いにも近くにいたスタッフによって助けられ、今では元気に東アジア中を飛び回っている。

​一期生

​アジアを飛び回るアクティブ派の沖縄っ子J10

​他のどの3羽よりも行動範囲が広く、台湾・韓国・沖縄・鹿児島・愛媛で観測されている。足環が付けられた場所である沖縄にはほぼ毎年飛来しており、J10の沖縄愛が感じられる。

​一期生

変わったニックネームのK94

​韓国語でGuasa-ilsaeng(日本で九死に一生)とういうニックネームがついているドラマチックな子。SPOONが結成当初単独で応援していたK96と同じ日に足環を付けられた固体で、幼鳥の頃に巣から何度も落ちたが、奇跡的に生き延びた経験を持つ。

​二期生

SPOONと縁があるV22

V22_edited.jpg

2017年6月27日に韓国の江華島のガクシアムという岩で足環を付けられた。実はこの時、SPOONとして初めて韓国江華島を訪問しており、V22の足環を付ける様子を真横で見せてもらった。SPOONメンバーにとって思い入れ深いクロツラである。​

​二期生

ボツリヌス中毒から元気になったT78

T78_edited.jpg

2017年10月22日に台南の四草エリアで初めての越冬中、ボツリヌス中毒で弱っているところを助けられた。この時、T78は1歳にもなっていなかったが、療養中に餌をたくさん食べ、幸運なことに元気になった。

​一期生

マイペースなのんびり屋さんK96

韓国で生まれて、九州を経由して沖縄へ渡ったが、その後約2年半沖縄を離れなかった。その間、脚にトラブルや、釣り糸が絡まる被害に見舞われたが、無事回復し、3年目のシーズンにやっと、ほぼ同じルートを経由して故郷へ戻った。

​※現在は指輪が売り切れのため、ファン募集停止

​一期生

​ツンデレの一匹狼J15

​2008年4月28日に弱っているところを保護され、同5月9日に放鳥された。2011年頃までよく1羽でいたが、以降はK96やJ10等、他の個体と元気に過ごす姿を見せている。

​一期生

​台湾の白い走り屋T66

​2014年11月8日に怪我をしているところを保護される。50日の療養後、多くのファンが見守る中放鳥されたが、その際なんと約200mも辺りを歩き回った後飛び立っていった。放鳥以来、台湾の台南でよく発見されている。